メイン コンテンツにスキップ

ホーム
会社紹介
お問い合わせ
サイト マップ
日本
韓国
北朝鮮
対談・その他
佐藤勝巳
岡林弘志

更新日:2014.4.23

 

 

 

 

佐藤勝巳氏の遺稿集ができました

 

代コリア研究所所長、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長をつとめた佐藤勝巳の綴るエッセイ風「秘話」。一生を朝鮮問題に費やした筆者ならではの現場の迫力に満ちた体験談とタブーを恐れない提言は、示唆に富んだ筆者のダイイングメッセージでもあります。 

 

全国の書店で発売中

 

Amazonリンク

 

 

 

 

日朝に数多くのハードル岡林弘志 (2014.4.2)

 

    オランダのハーグで開かれた日米韓首脳会談の時間に合わせて、北朝鮮は日本海に向けてミサイル2発を発射した。

 

                                                                                    つづきを読む>>

現代コリア

主筆 佐藤勝巳

中国・北朝鮮、戦争か 佐藤勝巳 (2013.6.5)

    今年2月まで「友好国」を標榜していた中国と北朝鮮が、戦争の気配を漂わせはじめてきた。

                                                                                                                                   つづきを読む>> 

セウォル号と韓国号の復元力趙甲済(2014.4.21

    船はタンカーのように重心が下にあれば安全で(つまり復元力が強く)、セウォル号のように上部が重い船(Top‐heavy)は安全対策を特に厳格にしなければならない。

                                                                                                      つづきを読む>>

  

タイトル

著者掲載日
朴大統領の「国史教育の強化」指示は「左傾国史教育の強化」にすり替えられた!趙甲済

2014年4月21日

高校生たちが左に傾けば大韓民国号は転覆します!趙甲済

2014年4月21日

セウォル号と韓国号の復元力趙甲済

2014年4月21日

北韓の非核化への役割を不可能な任務(Mission Impossible)と言い放った中国李春根

2014年4月17日

北の南興青年化学工場が化学兵器原料生産米国の声(VOA)

2014年4月17日

プーチンが呑み込んだクリムは腹痛を惹き起こすだろう!趙甲済

2014年4月17日

北韓製携帯用ミサイルを使用する中東のテロ組織金泌材

2014年4月15日

国家情報院は自らの正当性に対して確信を持て!趙甲済

2014年4月15日

韓民族は朝鮮王朝建国(1392年)以降、安保危機を自力で克服したことがない!趙甲済

2014年4月15日

核問題を避けての「統一大当たり論」は死亡遊戯の麻酔剤趙甲済

2014年4月15日

4月15日は‘韓民族の仇’金日成の生日趙甲済

2014年4月15日

無人機に対する対応策よりは膺懲策が安く済む!趙甲済

2014年4月11日

北が対南挑発を続ける7つの理由趙甲済

2014年4月11日

不安定な北韓情勢と厳しい日韓関係洪熒

2014年4月11日

憲法裁判所は血を流さず「大韓民国の敵」を除去できる最後の機会を逃すな!国民行動本部

2014年4月11日

韓半島統一の3大原則は自決、平和、自由 趙甲済

2014年4月11日

この記事が事実なら統一大当たり論は対国民詐欺だ趙甲済

2014年4月11日

 

  

 

 

    「現代コリア研究所」は、1961年(昭和36年)、日本人の立場から隣国である韓国、北朝鮮の政治、経済、社会、文化、在日コリアン問題など、多方面にわたる研究を進めるために設立されました。

    月刊誌「現代コリア」で、韓国、北朝鮮問題の分析と提言を続けてまいりましたが、この激動する状況の中で、月刊誌に限界を痛感し、この度、リアルタイムに情報を発信することになりました。

 

 

◆◇◆主筆◆◇◆

 

 

 佐藤 勝巳 【さとう かつみ】 

1958年から朝鮮問題に関与。

1965年 日本朝鮮研究所事務局長。

以後、北朝鮮の統一政策や在日韓国・朝鮮人の法的地位と処遇に関する研究を続ける。

1983年 現代コリア研究所所長となる。

1998年 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長に就任。